FC2ブログ

経験値

2017/08/22
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
comment (-) @ memo

情操教育

2017/08/19
最近、褒めていただけることが多くなりました。

そんなにいい子になったわけでもなく、楽しいご報告ができているわけでもなく…

でも、飼い主様はなんだか楽しそうで わたしもとても嬉しいです。

あと一週間。

一番お気に入りの下着をつけて、新幹線に乗るつもりです。

comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと

飼い主の匂い

2017/08/16
いただいたTシャツをすんすん…

本当の犬の気分。





待ち遠しいです。
comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと

2017/08/14
怖い夢をみた

高校生の頃の記憶がブワッて蘇るようで、不安と恐怖で、目が覚めたら涙が溢れてた。


すぐに、飼い主様との時間を思い出した。


会議用のデスクの上で、覆いかぶされて、たくさんキスしてくださったこと。

なんとか落ち着いて、冷静になれた。



comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと

2017/08/11
本当に恥ずかしいのですが

昨夜 飼い主様との時間を思い出して眠ったら
今朝、トロトロと垂れ流していました。

20170811072400c78.png


もともと濡れやすい体質なのだと思うのですが
昔よりも濡れやすくなっています…

お逢いしているときは、パンツが何枚あっても足りません。
comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと

回想

2017/08/08
褒めてもらうために頑張る というとすこし表現が変なのかもしれませんが、
喜んでいただけるのはやはり嬉しいです。

飼い主様の喜ぶ顔が、嬉しそうな声が聞きたいから、わたしは頑張っています。


飼い主様にお会いすると、わたしはツヤツヤウルウルになって、自分でも綺麗になっていると実感します。



昨日のことをもう少し。


会議を終え、ホテルで身支度をすこし整え、待ち合わせの駅に向かいました。


お顔を見た瞬間、感情が溢れてしまいました。

とある場所に連れていってくださるまで時間があったので、駅周辺をブラブラ。

物陰で飼い主様の唾液をいただき、完全にスイッチが入ってしまいました。

大雨の中 目的地にたどり着き「濡れちゃったね」と服を脱がしていただき、強く抱きしめていただきました。


ずっと欲しかった御主人様のものを咥え、体温と匂いと味を感じ、舐めながらいきそうなのを必死に抑えていました。

飼い主様は、ご奉仕しているわたしの乳首を触ってくださり、思わず体をくねらせてしまいました。


隣のお部屋に連れられて、改めて足の甲にキスし、足の指を舐め、また咥えさせていただきました。

そして、飼い主様のお膝に乗っかる形で濡れた穴の中に入れさせていただきました。

焦らされ、入った瞬間、吠えながらいきました。

机の上に転がされ、わたしを見下ろす御主人様の汗が、わたしの肌に落ちるのでさえ感じていました。

噛みちぎられるんじゃないかというくらいの力で乳首を噛まれ、叫び…

「静かにしなさい」と、パンツを口の中に詰め込まれて、でも我慢できなくて、獣みたいに声をあげていました。


そのまま鼻と口を押さえられ、息ができなくて、酸素が足りなくてふわっと意識が薄れていきました。

御主人様が、ご自身を快感で満たすようにわたしを使ってくださり
わたしの穴の中にたくさん注いでくださいました。

残った最後の一滴まで、お口で受けとめごっくんしました。

約1時間、あっという間でした。



心地よく疲れた体でご飯を食べにいきました。

ちゃんと食べる姿を見せることができて、安心してもらえて嬉しかったです。


「そろそろお帰りにならないと、飼い主様疲れちゃうかな?」と心配したけれど、一緒にお泊まりできないぶん、たくさん時間を作ってくださいました。

ご飯を食べ終え、カフェへ。

持っていたノートに落書きしたり、お互いの絵を描いたり、子供みたいにはしゃぎました。

手のマッサージをさせていただくと、「顔がエロくなってるよ」とご指摘が。触れるだけで幸せなのです。



ゆっくり過ごして、駅までお見送りする際、エスカレーターでこっそりキスをして
、改札の前ではぎゅっと抱きしめていただいて

飼い主様は、わたしを深く深く満たしてくださいました。

ピンク色のバラの花を、わたしに見立ててくださったこと、ずっと忘れません。

飼い主様にとっても、幸せで楽しい時間になっていたらいいな。
comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと

束の間

2017/08/08



出張で東京へ。

飼い主様が時間を割いてくださり、短く密な時間を過ごしました。

しきりに「可愛くなった」と言っていだだけ、わたしはくすぐったいような誇らしいような 幸せな気持ちでした。

最後の一滴までいただきました。

わたしは、夢中になってよく覚えてないけど たぶん獣みたいに発情していました。

今日は一緒にお泊まりはできないのですが、ヌルヌルしたあそこに触れ、余韻に浸っています。
comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと