FC2ブログ

畏縮

2016/02/29
遠慮や畏縮することばかりになりそう
と言った時、それは浅はかだと返されました。

でもやっぱりそうなる気がしています。
困らせたくないから、できる限りお利口にしていなきゃ、と。


体に負荷がかかることをするから
必要以上にナイーブになっているだけなのでしょうか…


いきなり変えるのは怖いです。





わたしが慣れるしかないのだと思います。



頑張って寝ます。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
comment (0) @ 日常のこと

はじめのこと

2016/02/28
今日は朝からお仕事をしながら、ご主人様と知り合った時のことを思い出していました。

ご主人様が、まだご主人様じゃなかった時の事。

はじめご主人様は主従に対してそれほど肯定的に見えなくて
ご自分のお話もあまりしてくださらなくて、
だからわたしも自分のことや気持ちを伝えるのを躊躇していました。

ご主人様に信用されていないようで、本当に一緒いていいのかわからなくて
辛いこともたくさんありました。


が。


いまはご主人様の事、心から信頼し尊敬しています。

ご主人様とは気軽には会えませんが、いつでも見守られていて
ご主人様の存在を感じています。

会えなくてもそう感じられることが、わたしにとっては躾けになり、調教になっています。



会いたいなんて言えないけれど、会いたいです。

comment (0) @ 日常のこと

うぅ…

2016/02/28
お薬飲んだ。

飲んだ瞬間から吐き気とお腹の膨張感。

体温が上がらない。

気持ち悪いです。

ご主人様に撫でられたい…。
comment (0) @ 日常のこと

蒸しパン

2016/02/28
チーズの蒸しパンが食べたい…

食べたら太るかなぁ。

ちょっとくらいなら大丈夫かなぁ。

美味しく食べられたら幸せを感じられるかな?


ちょっと仮眠。。
comment (0) @ 日常のこと

日曜日

2016/02/28
3時に目が覚めて、もう一度寝ようとしたけどまた怖い夢を見てしまいました。

結局5時半から仕事してる、日曜日。


もうすぐしたら大切な荷物が届くし、3時になったらちょっと休憩しよう。

ご主人様に早くご報告したい。
comment (0) @ 日常のこと

嬉しいのと、緊張と

2016/02/27
春に向けて、計画中。


「つけることに意味がある」とご主人様はおっしゃいました。嬉しい。

“ご主人様のもの”にまた近づけることも、その証を身につけていられることも嬉しくて幸せです。


器具がそろい始め、徐々に準備が整ってきています。
(不安要素をすこしでも小さくするために、やり方や体の仕組みなどいろいろ見聞き、勉強。)

きっと、その日になったらわたしは緊張で固まっているんだと思います。
でもわたしはご主人様のことを信頼してますし、じぶんのことも信頼してるから大丈夫。


待ち遠しいです。
comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと

今日の夢

2016/02/27
思い出したので、素敵な夢だったので記録。

深夜目が覚めてしまい、手のひらと胸を優しく撫でながらまた眠りについて

ご主人様のゆめをみました。

ご主人様と向かい合わせで膝に乗っけてくださり

だっこされながら、ゆらゆら寝かしつけてもらう夢。

今度ほんとうにしてもらいたいなぁ。。
comment (0) @ 日常のこと

ことば

2016/02/27

「さらけだせ」と言われたら、卑猥な言葉も口にしてしまうし

「無理せず楽にしていなさい」と言われたら、ぐっすり眠れます。

名前を呼ばれるとそれだけで安堵します。



この間、「こんなとこでも気持ちいいの?」と言いながら、からだのあちこちを触られて
ご主人様の手や舌が触れるところすべて、ぞくぞくした刺激を感じました。

最近は、うれしくてお漏らししそうになったり、(できる状況だったらしてしまうと思う。。)
触らなくても、電話越しにご主人様の声や息を聞いたり、思い出をお話しするだけで
体の中からじわじわとこみ上げてきて、いってしまったりします。


ご主人様は、わたしのお薬で、劇薬。
comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと

和菓子

2016/02/26
やっぱり和菓子がすき。

雪がちらつくのを見ながら、今日のおやつは桜餅です。

(歯は痛いけど食べたかった。。)





関東の桜餅はぺちゃんとしてるんですよね。

道明寺だっけ。
comment (0) @ 日常のこと

卑猥な言葉

2016/02/26
ご主人様がお電話してくださいました。

お薬で胸がざわざわして寝付けなくて、眠くなるまでお話ししてくださいました。


これから二人でしようと計画中のことをご相談。
またご主人様のための体に近づくんだなぁと思うと濡れてしました。


そのあと、先日お逢いした時のお話。

お別れしてから、どんな妄想をしたか、なにをしたか、どこを触ったか・・
ご主人様がひとつひとつ聞いてくださいました。

それから、わたしがおかしくなっていて覚えていない部分をご主人様が教えてくださいました。

はしたない格好で腰を振っていたこと。

いやらしい言葉を言わされ、恥ずかしがりながら興奮していたこと。

卑猥な単語を口にするたびに膣がきゅっと閉まっていたこと。

ご主人様の体液を、こぼさず嬉しそうに飲み込んでいたこと。

おびえながらも「もっと、もっと」と懇願していたこと。


わたしの知らないわたしの姿がたくさん。
脳がいってしまっているので、野性的というか、本能丸出し。恥ずかしいです。


そして、お電話でもまた、卑猥な言葉を発して興奮してしまうのでした。

恥ずかしくて言えなくて遠回しに濁していた表現。

頭に浮かぶのに口に出せなかった単語。

ご主人様に曝け出してしまいました。。

これからはちゃんと口に出して表現するように ご主人様とお約束しました。




お逢いするまで怖いと思っていたことを、ご主人様の前では怖いながらも受け入れて悦び
ご主人様に「変態」と言っていただけるのが嬉しいなんて、本当に変態です。


また次も、「穴」として「便器」として使っていただける・・。
想像するだけで、背筋がぞくぞくします。


ご主人様。
今度お逢いできるときは、お部屋に入ったらすぐにわたしに綺麗にさせてください。
押し付けられて息ができなくても、奥までずっと舐めていたいです。
(ほかのわんこは飼わないでください。。)


ご主人様にとってそのとき必要な姿になれるように。
気が向いたときにいつでも使っていただけるように。

もっと、ご主人様のかたちになりたいです。
comment (0) @ 逢瀬のこと、想うこと